日々の徒然

今日、久々にブログを書いている。

8月に入った。暑くて外に出たら滝のような汗が出る程だったのに、3日前の雷雨から今日まで、とても涼しい。

秋のような気候が、昔見た風景と心持ちを想起させる。切ない気持ちが戻ってくる。

このサイトを立ち上げたのが3年前。

自分で稼ぐ力をつけたいと思って、試行錯誤を開始した。

しかし、お仕事は相変わらずで、私生活が目まぐるしく変わった。

辛いことばかり思い出されるが、楽しいことのほうが本当は多かったと分かっている。

深い悲しみと怒りの感情で発狂することもあったが、そんな日々は私を成長させてくれた。

3年前の私と、今の私では、外から見たら何も変わっていない。

年齢を重ね、むしろマイナスになったこともあるかもしれない。

体型は崩れた。ニキビは相変わらず治らない。法令線も濃くなっているかもしれない。

年収も増えていない。社会に役立つスキルも増えていない。

婚活を頑張ったが、結婚はできていない。

でも、大好きな彼氏はできて、とても楽しい。これは嬉しい。

家族はみんな健康。

帰る家もあるし、仕事もある。

これをデフォルトだと思ってはいけない。

本当にありがたいことだ。

苦しいから、本を読んで勉強したり、体を動かしたり、瞑想したり、相談したり、なんとか抜け出そうと試み、その過程で成長することができた。

振り返れば、苦しいことが起こったのは、挑戦をしたからだ。

でも、挑戦をしなかったら苦しい出来事から逃れられたのだろうか。

答えはNO。遅かれ早かれ、私はこれらのことを通して、学ばなければならなかった。

まだまだ、体力も精神力もある年齢でむしろよかった。

いつも成長しようとする姿勢が大事なんだと何処かで学んだ。

誰かに見せるとかではなく、自分の中で成長するぞと決める。魂の修行と名付けようかな。

もし、80歳くらいまで生きられるなら、私はまだ折り返し地点にも達していない。

10代の頃から、早く人生が終わって欲しい、なんて願っていた。

でも、この願いは叶わなかった。笑

もし今、早く人生が終わって欲しいなんて思っている人がいたら、伝えたい。その願いは、残念ながら叶わない。だからこれ以上考えるのはやめて、他に何かやることがなければ、とりあえず寝て逃げてしまった方がいい。

人生が終わって欲しいと思ってしまうのは、いろんなことをすっ飛ばして簡単に言うと、とにかく、楽しくないからだと思う。

幸せになるためには、覚悟がいるのだ。

その覚悟の方向は人によって違うと思うが、私の場合は、「人がなんと言おうと、世間にどんな目で見られようと、自分が楽しいと思うことをする!」という覚悟だ。

もう手遅れだなんて言うかもしれないが、言ったら時間は戻るのか。

できない事を言っている時間がもったいない。

そんな暇があったら、幸せになるためにできる事を今するべきだ。たとえば、美味しいものを食べる。

えっつ、何にも状況変わってないじゃん・・・って思うかもしれないけど。笑

自分を不幸にしているのは、起きている現実ではなくて、実は状況を変えなきゃいけないんだっていう、石のように重くて硬い思考だと、私は気づいた。

ほとんどの人は、その石のような存在にも気づいていないかもしれない。

この年齢で、この年収じゃダメだよね・・・

みんなは結婚して子供もいるのに、なんで私は・・・

こう言ったことを考えてしまう時、その裏にはこうでなければならないんだという、強い決めつけがあった。

少なくともこのくらいの年収はないとダメだ。結婚できないとダメだ。その他にも、嫌われたらダメだ。上手にできなきゃダメだ。

自由を奪う重くて硬い石のような思考の存在。

そういった条件を満たしていた方が良いっていうのは、その通りかもしれないけれれど、本当にそれが私の幸せにつながるかどうか、誰にも分かんないじゃん。全部持っていたら、私は幸せだったかなんて、分からないよ。過去のその時々で、それなりに頑張ってきて、今があるんだから。

「年収がこのくらいあって、結婚して子供がいて、全部GETしてたら、私は幸せだったのに」なんてマジで幻想。そんな幻想に苦しむのは未熟だからだよ。もし仮に全てを満たしていたら、その未熟さのせいで、もっと不幸だったかもしれない。

自由を奪う、その硬くて重い石を見つけたら、元気があればヨイショっと持ってポーイっと思い切り投げる。この思考は私に備わっている、人間としての防御本能の賜物だから。「ありがとーう」と言って、感謝の気持ちで星空か太陽に吸い取ってもらう。

そんな元気もでない時は、リラックスして石自体を溶かす。

自分を責めるのはやめて、美味しいものをゆっくりと食べたり、安心できる友人と話したり、お風呂に浸かったり、温泉に出かけたり、ちょっと旅行に行ったり、散歩をしたり、疲れていたら休む、そうでなれば寝ちゃう。泣いてもいいけど、重苦しくならないようにさくっと泣く。笑

辛い経験をしてきたからこそできる。

私は、絶対に幸せになると覚悟を決めた。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる